『着物のいろは』行商日記

下北に

「井出さん」は私が中学二年生くらいの時に 暮らし家にやってきました スタッフとして 大学を卒業後 暮らし家 に就職したのです 見た感じは本当にかわいらしいと色んな人に良く言われる人なんですが 私が出会った中では一番に働き者でびっくりするぐらいタフです!

そんな井出さんに誘われた事がきっかけで着付けを習いに行きました 

本のはじめに で書いていますが お姉さん的存在 う〜ん このことばで合っているのかわかないですが やっぱり ずっと上にいる存在で 色んな事を教えてくれたり 一緒にやってくれたり 一般的に言うと お姉さんであっていると思うのですが私の中には お兄ちゃん 従姉妹 みたいに「井出さん」という位置がもう出来上がっていて お姉さん というと実は違う感じするのです

着付けの先生に会いに行った後 井出さん達と下北沢に行ってきました
以前 紹介した RYOUHOの秋の新作も気になっていたので のぞいてから久々にゆっくりと お茶を飲んだり ご飯食べたりと。。。

そう言えば 下北沢に初めて連れてきてもらったのも井出さんだったななんて思い出しました。。。
[PR]
by kimono-iroha | 2005-09-24 01:51
<< 着付けのお仕事 着付けの先生 >>



この本にまつわる色々なお話
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31