『着物のいろは』行商日記

みんみんの型染め

●型染め作家 関 美穂子
本の中にも少し、作品が載せています関さんについて少し。京都の型染め工房に弟子入りし、現在は勤めつつも自分の作品を造り京都では「けいぶん社」などに作品
が置いてあります。
独特の乙女の世界を型染めで表現しています。
布にも紙にも型染めは染める事ができますが、主に蔵書票という本にはる和紙に染めた作品が多いです。
今回、本の中に載せているのはブックカバーと手ぬぐい、ポストカードです。
そんな関さんの作品が飾られている神保町のギャラリーに行ってきました。
この作品展は「くりくり」という雑誌の公募展でたくさんの作家さんの作品が飾られていいます。そこの二階にあるカフェで、新作を見せてもらいました。
手ぬぐい、ポストカードどれも本当にかわいらしいです。
ここでの作品展は9/30まで行われています。
e0060530_1783529.gif

e0060530_1795321.gif

e0060530_17103140.gif


e0060530_1712128.gif

[PR]
by kimono-iroha | 2005-09-06 17:15 | 着物
<< 再び自由の森学園へ 猫さん >>



この本にまつわる色々なお話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31