『着物のいろは』行商日記

<   2005年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

暮らし家夏の企画展にて

企画展「野暮」にて
8/26日から始まった企画展でも、本をたくさん宣伝させて頂きました。
今回のDMに本が発売になりました!と書いてもらったので声をかけてくださるお客様もいて本当にありがたいです。いつもお話させて頂いているお客様も「みゆうちゃんの本なら買ってあげるよ〜」と言ってくれたり本当に皆さんありがとう!です。

着物は昔、着た事があるけど全然今は着てない 覚えたけど忘れちゃった と言う方もこの本みたら着よっかなと思ったよ!と声を掛けてくださったり 前に着付けの講師をされていたお客様も 若い人が興味を持つきっかけになるといいね。 などなど色んなご意見が聞けて良かったです。
8/28日はいつもお世話になっているお客様達がお着物で来店してくださいました。
写真で私の後ろにいる、ちきさんは本の表紙にもある黄色のかわいい古布コサージュを作っている方です。根津にあるponia-ponに置いています。
遊びに行った時にかわいい!と買ってきたものをです。お洋服にも合うのでつけやすいです。e0060530_2024396.gif
e0060530_20251111.gif
本当に皆さんお着物から小物まで素敵なコーディネートでお店の中は華やかでした。
八王子は少し遠いですがまた遊びに来て下さいね。

最終日には本屋さんで本を買って下さってお店に初めて来店されて方もいらっしゃいました。実感が湧かないと思っていた事ですが、実際に書店で並んでいるものなので手に取ってくれた人がいた!しかもお店に来てくれた!と本当に嬉しい限りです。
本当にご来店下さった皆様ありがとうございました。これからもよろしくお願いします!
[PR]
by kimono-iroha | 2005-09-08 20:29 | 着物

再び自由の森学園へ

●再び自由の森学園に
8月19,20日
自由の森学園(母校)の公開講座があり教師に紹介する為、本を担いで遊びに行ってきました。
カートを最近買ったので、本をのせてガラガラと行商のように行ってみました。
私が通学に使っていた電車は八高線といいます(八王子と高崎を結んでいるので)。学校までは東飯能の駅が最寄りなのですが、駅がきれいになって駅ビルまであってびっくり!です。e0060530_1871866.gif

職員室で久しぶりに中学の担任ひろっちゃんに会うと「出版記念!」と言ってピンクのバラの花束!頂いちゃいました。ありがたいものです。本当にやさしい教師がたくさんこの学園にはいるのです。
e0060530_18253792.gif
そして学園内をうろうろしていると、私が卒業した後に建った美術棟があったので入ってみました。ベランダからは本当にいい眺めです。山の方を眺めると(といっても学校自体が山なのですが)教室のベランダから眺めていた山が緑が深くなってはいますが、変わらずの景色でありました。

私の13才〜18才までの時間をほとんどここで、過ごしたわけですから色んな事があって今は思い出なのですが、本当にここで過ごした事は自分の中に今も強く残っているものが多いななんて山を眺めて考えてました。あの時、あの仲間で、あの環境でというのが私は良い出会いだったと思っています。
まだ学校内をうろうろして、自分の教室だったあたりを撮ってみました。
友達の自画像も発見!今は沖縄でのんびり楽しく生活している子なのですが、この頃はみんな自分と向き合うとこんな感じで色んな感情がまじって過ごしていたんじゃないかなと思ってみていました。e0060530_1881837.gif


そして本は、購買で置いてもらえる事になり、会った教師には買って頂いてきました。卒業してまでも、またこんな形でお世話になるなんて想像もしていなかったです。昔を思い出すと、普段自分は高校生くらいから中身が何も変わっていないかのように思っていましたがやっぱり時間は確実に過ぎていて何か自分も進んでいるんじゃないかなと感じ、また教師たちに応援してもらうと、もっとがんばろう!!と新たに思った2日間でした。
[PR]
by kimono-iroha | 2005-09-07 18:11 | 着物

みんみんの型染め

●型染め作家 関 美穂子
本の中にも少し、作品が載せています関さんについて少し。京都の型染め工房に弟子入りし、現在は勤めつつも自分の作品を造り京都では「けいぶん社」などに作品
が置いてあります。
独特の乙女の世界を型染めで表現しています。
布にも紙にも型染めは染める事ができますが、主に蔵書票という本にはる和紙に染めた作品が多いです。
今回、本の中に載せているのはブックカバーと手ぬぐい、ポストカードです。
そんな関さんの作品が飾られている神保町のギャラリーに行ってきました。
この作品展は「くりくり」という雑誌の公募展でたくさんの作家さんの作品が飾られていいます。そこの二階にあるカフェで、新作を見せてもらいました。
手ぬぐい、ポストカードどれも本当にかわいらしいです。
ここでの作品展は9/30まで行われています。
e0060530_1783529.gif

e0060530_1795321.gif

e0060530_17103140.gif


e0060530_1712128.gif

[PR]
by kimono-iroha | 2005-09-06 17:15 | 着物

猫さん

●古美術 猫 国分寺に
父が昔から親しくしている猫さんのお店にも本を置いて頂ける事になり、国分寺に行ってきました。
私が小学生の頃は、国分寺にも暮らし家の支店があり、(その当時は「ぼおぴいぷ」)その頃はまだ私は本当に小さかったので一人で、外などには行かなかったですが、今見てみると色んなお店があって国分寺は結構楽しい町です。(おいしいパン屋さんや変な雑貨屋さんなどなど)ちなみに、お店があった場所は道路になっています。
本に狛犬の帯留めが載っていますが、その作者中山 朋子さんは、国分寺のお店に高校生の時に通っていたという縁があります。また帯留めの話は今度詳しく致します。
そして、猫さんのお店にはポスターもしっかりと貼って頂き、店内にもきれいに飾ってもらっています。
なんだか、素敵な商品の横に飾ってあるのはくすぐったい気分です。
e0060530_19455555.gif
e0060530_19475144.gif
e0060530_1948758.gif

[PR]
by kimono-iroha | 2005-09-02 19:44



この本にまつわる色々なお話
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30